フィリピン語学留学
フィリピン留学の準備

さて、留学先を決めてもそれで終わりではありません。
渡航前の準備としてやるべきことがまだまだたくさんあると思います。

何を用意すればいいの?何を決めなければいけないの?という方、
フィリピン留学を楽しむために是非参考にしてください。

パスポート


●ビザ●
有効なパスポートがあれば基本的にビザの手続きは必要ありません。
というのは、フィリピンでは、英語研修などで渡航する場合21日間は
ビザの申請なしで滞在できるからです。

その後はもちろんビザの更新をしなければなりません。
この更新手続きは学校がすべて行います。
学校によって、また延長期間によって申請料は変わってきます。
2か月の延長にかかる費用が約6000円というのを 目安にしてください。

また、ビザなしで入国するので往復航空券を持っていないと
フィリピンに入国すらできません。
航空券を購入する際には必ず往復航空券を購入し、
帰国日をまだはっきりと決めていない場合は、少し割高になりますが
現地で帰国日を変更できるオープンチケットを選択しましょう。


●学校●

現地での学校は自分の目的にあったカリキュラムが組まれているかを
みて探しましょう。
どんなスキルをのばしたいのか、留学期間はどのくらいあるのか、
自分の予定している留学期間内に目的を達成できるようにしましょう。

そして最も重要なのは場所です。
フィリピンの中で留学先として人気があるのは、やはりセブ島です。
大都市マニラはざわついた環境や治安の悪さ、そして物価の高さが
どうしてもデメリットとなってしまいます。
それに比べリゾート地としてツーリストの多いセブ島は、
比較的治安も良く、なんといっても環境に恵まれています。
勉強時間の長いフィリピンでも、休みの日にはリラックスしたいもの。
ダイビングのライセンスを取ったり、マリンスポーツに挑戦というのも
セブ島ならではです。
また、セブ島には語学学校が多数あり選択肢が広がるのもいいですね。

他にもクラークやバコロド、ダバオ、イロイロなど様々な地域に学校が
あるので、ここは時間をかけてじっくりとリサーチしましょう。


●寮●
寮は費用によって部屋割りを選ぶことができます。
プライベートが必要だとしても、個室はオススメしません。
留学において、人と会話をすることはすごく重要ですし、
ルームメイトも留学生なので異文化交流をはかることは
今後すごく役立つでしょう。
1人の殻に閉じこもってしまってはせっかくの留学も無駄になります。
多くの人と交流がはかれるように、2人~3人部屋をオススメします。


●保険●
どの国へ行くときもですが、必ず海外旅行保険に加入しておくべきです。
みなさん日本でも健康保険に加入していると思いますが、
もし加入していなかったら請求額はとんでもない金額になっています。
海外でも同じで、保険がなければ医療費の請求はとてもじゃないけど
払い切れるものではありません。

海外旅行保険は通常3か月までの渡航ですが、
必要な補償内容のみを選択できるので比較的安価です。
それ以上の渡航になる場合は海外留学保険などもあります。

また、クレジットカード自動付帯保険の場合は
補償内容を必ず確認しておきましょう。
不足しているものを海外旅行保険でオプションでつけたりすることも
可能ですよ。


花の写真
フィリピン語学留学
記事一覧
フィリピンで語学留学してみませんか?
沖縄の海の写真
その他
記事一覧
その他の情報を書いています
 
  Copyright(c) 2013 saintjudemontreal.org All right reserved.